エッセイコンテスト「第1回 キタキュースタイルカップ」結果

北九州市にまつわるエッセイのコンテスト「第1回 キタキュースタイルカップ」の結果は次のとおりです。

当初の発表から奨励賞(4名・Amazonギフト券5,000円分)と入賞(10名・Amazonギフト券1,000円分)が追加されております。

たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

※()内はエントリー番号です。

このページに掲載されている85作品は準備ができ次第、順次公開いたします。

最優秀賞(賞金10万円)

山が見てる(P-068)

【審査員コメント】

・不在の存在……同じ体験をした同志として、うんうん頷きながら読ませていただきました。360度見渡しても「山が見えない」ということが(北九州)人をどんなに不安にさせるか。山も海も街もなんでもある北九州はやはり恵まれたまちだと改めて思いました。それにしても「コタツ」とは……絶妙なたとえに乾杯(&完敗)![葉月けめこさん]

 

・何気ない日常の描写に、北九州市の良さが散りばめられています。[井上純子さん]

優秀賞(賞金3万円)

駅と海の見える場所から(P-070)

【審査員コメント】

・「まちの歴史は人の歴史」を改めて実感したエッセイでした。作者さんと一緒に花火を見上げたお友達は今どうしているのかしらなどと、思わず空を見上げたり。文字通り「海の男」だったお父様が、テラスで海を眺めている光景を思い浮かべてみたり。北九州に想いを馳せてあたたかい気持ちになりました。コロナが収束して早く帰省が叶いますようにと願うばかりです。[葉月けめこさん]

 

・お父様のお話、泣きそうになりました。北九州、門司港の素晴らしい風景と、家族愛や絆がミックスしてとても素晴らしい作品でした。私が北九州を知らない人間だったとしたら、この作品を読んだだけで「行ってみたい」「住んでみたい」と思うに違いありません。感動をありがとうございました。[池端克章さん]

私を「北九州人」にしてくれたギラヴァンツ(D-009)

【審査員コメント】

・ギラヴァンツを中心にしたリズム感のあるエッセイに引き込まれます。[井上純子さん]

 

・めちゃくちゃうれしいお話です!ギラヴァンツの勝利に涙した瞬間「北九州人になれた」。この一文に目頭が熱くなりました。まちにサッカーチームがあるって、こんなにもしあわせなことなんだと改めて実感しました。[葉月けめこさん]

審査員賞(賞金1万円)

「おかえり」が聞こえる街(P-007)

【審査員コメント】

・導入部分からとても引き込まれた作品でした。今まで数多くの小説やエッセイを読んできましたが、読み始めの段階で「これは!」と思いました。情景も浮かび、登場する店の名前も全て予想ができ、「やっぱり!」となるほど。まるで自分が登場人物になったかのうような楽しい気分で読ませてもらいました。北九州愛・言葉のチョイス・物語の展開、全てにおいて素晴らしく引き込まれた最高の作品でした。[池端克章さん]

北九州お試し移住のススメ(P-067)

【審査員コメント】

・一度北九州市に住んでみようかなという気になる素敵なエッセイです。[井上純子さん]

まつわる紐、いまだほどけず…(P-018)

【審査員コメント】

・チャチャタウンの魅力に焦点をあててくださったことがとてもうれしいです!「奇をてらわないきらきら媚びてない感じが取り繕わなくていいから気やすい」……気取らなくていいから生きやすい(もちろん気取り屋さんもいますけど)。北九州に帰省するとすごく気持ちがリラックスするのは、こういうことなんだなと改めて気づかされました。[葉月けめこさん]

スポンサー賞

各協賛事業者様からの賞品をお送りします。

ITOHEN賞

観覧車の光る街(P-051)

【審査員コメント】

・作者さんの思い出に残る北九州がきらきらと七色の光を放っています。一生懸命で切なくて、それでいて美しい青春の1ページのなかで輝いていられる観覧車もしあわせですね。[葉月けめこさん]

株式会社岡崎デザイン賞

ワクワクする街、北九州(P-013)

【審査員コメント】

・北九州市のほのぼのした感じが、よく表現されています。[井上純子さん]

十亀酒店賞

抱きしめたい街・北九州(P-077)

【審査員コメント】

・多くの人がお店や施設、観光地などをピックアップしていた中で、この作品だけ唯一、「人」が北九州の魅力、という目線で描かれていました。頷ける部分が多く、「そうそう!」と思いながら、楽しく読むことができました。北九州の1番の魅力は「人」。素晴らしい作品でした。[池端克章さん]

響灘菜園株式会社賞

海に臨む(D-014)

【審査員コメント】

・戸畑っ子の私には少し遠かった曽根干潟の風景が、エッセイを通して彩鮮やかに浸透してきました。今は門司港の海と風とあたたかい人々に囲まれて、迷いながらも前に前に進もうとする姿がとても美しいと思いました。[葉月けめこさん]

旅道具と人-HouHou-〈ホウホウ〉賞

山笠に心躍らせた夏(P-052)

【審査員コメント】

・戸畑祇園大山笠の躍動感とまちの熱気が伝わってきます。[井上純子さん]

奨励賞(Amazonギフトカード 5,000円分)

笑いながら突っ走れ(P-017)

【審査員コメント】

・「ここにいれば誰かが誰かを連れてきて、そしてそれは必ず誰かの友達だった」……あるあるのナイスナイスです!たぶん同年代だと思います。共有できる思い出の多さに感動しました。ちなみに私も週末はよくOCMにいました。きっと会ってるんだろうなと思うと、感慨深いです。[葉月けめこさん]

自転車を盗まれそうな街(P-023)

【審査員コメント】

・なんでしょうか、このプラスマイナスゼロ的なおもしろさは!とくに自転車泥棒と対峙したときのやりとりは、はっきりくっきり目に浮かぶほどおもしろい!これぞ北九州やねえとケラケラ声を出して笑っちゃいました。いやほんとうは笑いごとではないのかもしれません。けれど、これを笑いごとにしちゃうおおらかさこそ北九州なんやろうなと思いました。[葉月けめこさん]

あのミドリ、あのアオハル、あの時の私(P-045)

【審査員コメント】

・いろんな表情の勝山公園が見えてきました。タコの滑り台はどの公園でも大スターでしたね。少女から女性に変わっていく作者さんの姿が目に浮かぶようで。アオハル、きらきらしていてちょっと切ない、素敵な春に乾杯♪[葉月けめこさん]

まっとって(P-079)

【審査員コメント】

・同じく「湖月堂」の白玉ぜんざいファンとして、大共感のエッセイでした。うれしいことはよりうれしく、かなしいことは飲み込みやすいように、まーるくおさめてくれる白玉。たくさんの思い出がぽろぽろぽんぽんと転げまわるように響いてきました。[葉月けめこさん]

入賞(Amazonギフトカード 1,000円分)

我らのギラヴァンツ!立ち上がってミクスタへ!(P-001)

住まずとも都の北九州(P-006)

北九州人の地元愛に関する一考察(P-009)

+αを持てる街、北九州市 ~自分らしい人生のために~(P-011)

15年ぶりに迎えてくれた、懐かしくて新しい街(P-022)

学園大通りは僕らの家だった(P-025)

思い出の炭水化物@小倉(P-036)

おじさんの声掛け(P-037)

還暦少女のキタキューパトロール(P-048)

地元の歌は喉と目に染みる(P-081)

入選(Amazonギフトカード 500円分)

北九州の魅力(P-002)

北九州の自然と、歴史と、バランスの良さについて~小倉を見つめ続ける足立山~(P-004)

商店街から続く長い一本道(P-008)

「何度か移住し」「出張族で」「起業」した私が選ぶ北九州(P-010)

水、清くない我が町キタキュー(P-012)

小倉競馬場大好き・小倉競馬場のファンに愛されたメイショウカイドウ(P-014)

再生の街 生命の海(P-016)

喫茶店に住むネコ(P-020)

Uターンして分かった北九州の暮らしやすさ(P-021)

北九州に住むということ(P-024)

明春卒業選手送別北九州五市対抗高校野球大会~記録から甦る69年前の引退試合~(P-027)

人と人との繋がり(P-028)

里帰り(P-029)

変わりゆく街(P-031)

祖父と小倉と八幡と私(P-032)

歴史と人とのつながりが今に残る北九州(P-033)

この町と私(P-035)

昭和の良き日々(P-044)

そのめがねは本当に地球を半周してやってきたのか(P-049)

北九州の良い点を書こうとしたのに、気付いたら小倉の美味しいものについて書いていた(P-050)

想いつながるふるさと(P-053)

第二の二十歳(P-054)

グラデーション(P-055)

ガチサポの私から見た北九州~海ポチャのミクスタがあるわが街(P-056)

紫川大冒険で生きる力を学ぶ(P-058)

お隣さんの高菜漬け(P-060)

ようこそ北九州市へまるっとさくっとゴリっとツアー門司編の始まりです(P-061)

北九州モノレール(P-062)

子供の頃の友達「城野ダイエー」(P-064)

俺のナンバーワン観光地(P-065)

いつもの北九州(P-066)

約3000人の中の1人(P-069)

私と小倉織(P-071)

堀川の輝ける未来(P-072)

一杯の「ごぼう天うどん」(P-073)

煙突のある街(P-074)

魅惑のキタキュー!!(P-075)

おでんの湯気とノスタルジー(P-076)

いのちの市場(P-080)

海があるということ(P-083)

四海の人と手をとりて(P-084)

やっぱりぁ好きっちゃ北九州(P-089)

北九州の面白いを創る大人たち(P-090)

門海峡に沈む夕陽の美しい街~門司港~(P-091)

北Qロックコネクション(P-092)

魅力的な街、北九州(P-093)

通学路ドライブ 小倉駅新幹線口から関門トンネル(D-001)

絵具、変わる、港(D-002)

私の住むまち(D-004)

私の大好きな高校(D-006)

私の研究の原点 〜いのちのたび博物館の思い出〜(D-008)

北九州の成人式は地元愛の塊だ!(D-010)

北九州市の魅力と思い出(D-013)

北九州には船に乗って,門司港駅から歩いて行けば(F-001)

銀天の窓(F-002)

皿倉山に愛をこめて(F-003)

安心して子育てできる街・北九州(F-004)

煙突の煙とキラキラの夜景(F-005)

巣立ちに思う(到津の森動物公園)(F-008)

変わらない夏の景色(F-011)