キタキュースタイルとは

キタキュースタイルとは

北九州市小倉北区出身・東京都大田区在住のWebプランナー/Webディレクター・ナリシゲが「北九州市を正しく伝える」ために立ち上げたブログメディアです。

キタキュースタイル立ち上げのきっかけ

2017年の5月に、Twitterでふとこんなことをつぶやきました。

実際、出てくるのはこんな文章が書かれた記事です。

北九州は今や九州の中で福岡に次ぐ都市になりました。九州新幹線が開通し、本州からの乗り入れも格段に便利になり、大都市へと変貌を遂げつつある北九州市。
(出典:定番から穴場まで!北九州のおすすめ観光スポットランキングTOP15

私が生まれた直後の1970年の人口は北九州市104万人に対し福岡市が87万人です。その後1978年に福岡市に抜かれるまで、北九州市は福岡一、いや九州一人口の多い市でした。「北九州は今や九州の中で福岡に次ぐ~」「大都市へと変貌を~」などといった表現を使えるような歴史はどこにもありません。

そして、山陽新幹線が通ったのが1975年。九州新幹線の開通に関係なく新幹線で北九州市(小倉)まで行くことができていました。

北九州とは?

九州の北部地域のことを指します。福岡、佐賀、長崎、熊本、大分の5県。いずれの県には名物料理などのグルメが多くあります。
(出典:北九州市 絶対行きたいグルメスポット!おすすめ「15選」

「北九州市」と「北部九州」を混同しています。こんな人におすすめされるお店に行って、本当に大丈夫なのでしょうか。

この2つの記事に共通して言えるのは「記事を書いた人は実際に北九州へ足を運んでいないこと」です。百歩譲って、実際に足を運んでいないにしても、正しい歴史を調べることくらいはできるでしょう。そういった、必要な手間を省いた記事が、サイト制作時のちょっとした工夫で検索結果の上位に表示されることはどうしても許容できません。

そして私はこんなブログを書きました。

公開後3日間で30000PVを超えるなど、記事は予想以上に拡散。ここまで来たら、北九州を正しく伝える記事を自分で作るしかないと思い、本ブログメディア「キタキュースタイル」を立ち上げることにしました。

キタキュースタイルのコンセプト

  • 自分の目で見た北九州の情報を分かりやすく伝えます。観光客向けの情報に限らず、自分の目で見たもの全てがコンテンツとなります。当然、文章には私の主観が入ります。
  • 北九州の良いところだけでなく、悪い部分も伝えます。その悪い部分を正確に理解すること(理解してもらうこと)も大切なことであると考えているからです。

東京在住ということもあり、コンテンツを定期的に、また大量に増やすことは正直難しいです。定期的に北九州に行き(帰省し)、自分の目と口と足で情報を集めてまいりますので、ご理解いただけると幸いです。

正直、地元の北九州はあまり好きではありません。良い思い出も少ないです。しかし、行ったこともない連中が適当な文章で地元を紹介している記事を見て、黙っているわけにはいきません。そうでなくても衰退している北九州市が、さらに魅力のない土地に見えてしまいます。嫌いですが、生まれた土地が無くなってもらっちゃ困るんです。

こういった「歪んだ愛情」を胸に運営されるキタキュースタイルをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

The following two tabs change content below.
ナリシゲ

ナリシゲ

北九州市小倉北区出身・東京都大田区在住のWebプランナー/Webディレクター 当ブログメディア「キタキュースタイル」管理者 詳しいプロフィールはこちら お問い合わせはこちら

おすすめ記事

最近の記事

  1. 【小倉グルメ】新田屋 梟の担々麺【北九州ラーメン王座選手権2…
  2. 小倉駅で北九州・小倉みやげが買えるお土産屋さんをご紹介
  3. 【小倉駅 駅ナカグルメ】「小倉鉄なべ」で餃子とチャーハン(焼…
  4. 「KitaQフェスinTOKYO」が開催されます【2017年…
  5. 【小倉グルメ】サンドイッチファクトリー・OCMのメニューとお…

アーカイブ

  1. グルメ

    【小倉グルメ】サンドイッチファクトリー・OCMのメニューとおすすめの組み合わせを…
  2. グルメ

    小倉のサンドイッチファクトリー オー・シー・エム(OCM)で最高に美味しいサンド…
  3. 観光

    門司港レトロ観光列車・トロッコ「潮風号」に乗ってきた!!料金や予約方法、時刻表に…
  4. 観光

    北九州市の新しいシンボル・ミクニワールドスタジアム北九州(ミクスタ)を徹底紹介
  5. 観光

    【門司港レトロ】九州鉄道記念館で鉄道の魅力に触れてみよう!!
PAGE TOP