インタビュー企画「KITAQ Style 1000 Project ~北九州市の“人”をもっと知る~」

8試合連続の2ケタ安打も実らず連敗 神谷は2試合連続猛打賞 大河は11試合連続安打に(2022年5月22日) #福岡北九州フェニックス

2022年5月22日(日)に行われた福岡北九州フェニックスと火の国サラマンダーズの一戦は、2-4と福岡北九州フェニックスが惜しくも敗戦しました。

フェニックスの先発は櫻井 政利(#21 東京都出身)。今季3戦目の先発で初勝利を目指します。

先発の櫻井(2022年5月1日撮影)

1回裏、サラマンダーズの主砲・モタに3ランが飛び出し、今日もフェニックスは先制を許します。

4回裏にも追加点を許し、0-4とされた直後の5回表、打撃好調の神谷 建太朗(#2 愛知県出身)、大河(#23 大阪府出身)に連打が飛び出し1点を返します。大河はこれで11試合連続安打。

今日3安打の神谷(2022年5月6日撮影)

2点を追うフェニックスは3回表、神谷 建太朗(#2 愛知県出身)、妹尾 克哉(#51 兵庫県出身)の連打で1点を返し、1-4とします。

7回表には、神谷を2塁に置きルーカス(#15 ブラジル出身)が適時打。2点差に詰め寄ります。

2安打のルーカス(2022年5月6日撮影)

最終回、ルーカスのヒットと宮本 貴章(#5 福岡県出身)の四球で二死1、2塁とし、打席には今日2安打の主将・中村 道大郎。
しかし中村の打球はセカンドフライに。フェニックスは痛い連敗を喫しました。

敗れはしたものの、打線は相変わらず好調のフェニックス。4安打のサラマンダーズを大きく上回る10安打を放ちました。

神谷が2試合連続の猛打賞となる3安打。ルーカス、中村もそれぞれ2安打と状態の良さを感じました。

                   
北九州 0 0 0 0 1 0 1 0 0 2
火の国 3 0 0 1 0 0 0 0 X 6

次回ホームゲームは5月30日(月)、筑豊緑地球場で行われる火の国サラマンダーズ戦です。13時プレイボール。

福岡北九州フェニックス 公式サイト