インタビュー企画「KITAQ Style 1000 Project ~北九州市の“人”をもっと知る~」

【福岡北九州フェニックス選手インタビュー】フェニックスの投手陣を牽引 頼れる守護神・松本 直晃投手

–フェニックスの投手陣では最年長ですが若い投手にどのようなことを伝えていますか?

松本投手「僕と同じリリーフのピッチャーに、ライオンズにいたときに教えてもらったメンタルのコントロール方法を伝えたりしています。登板前にブルペンに入る→マウンドに上がる→投球練習を終えて試合再開、という一連の流れの中で、気持ちの高ぶりをどのようにコントロールしながら準備をするか、という話をしたばかりです」

–松本投手は何回くらいから準備を始めるんでしょうか。

松本投手「僕が投げるのは勝っているケースなので、ホームゲームだと7回にストレッチと軽く動体操まで終わらせて、8回表にメディシンボールとインナートレーニング、8回裏にブルペンに入って8球投げて9回表に登板するという流れです」

–今シーズン残りの意気込みをお聞かせください

松本投手「1年目のチームにしてはいいスタートが切れていると思います。ただ野手に頼っている部分も大きいので、ピッチャー陣の力でもっと勝ちたいと思っています。
僕個人としては、セーブシチュエーションでセーブをしっかり挙げる、という仕事をしっかりとこなしたいと思います」

–松本投手のセールスポイントを教えてください。

松本投手「難しい質問ですね(笑)
150キロの速球も特別な変化球もないので、いろんな引き出しを使ってバッターを抑えるんです。タイミングを変えてみたり、変化球の曲がり幅を変えてみたり、球速差をつけてみたり。同じストレートでも、足をつくタイミングを変えています。いろんな工夫を重ねた上で打ち取っていくタイプなので、分かりにくいセールスポイントかもしれません」

–将来の展望をお聞かせください。

松本投手「この先どう転ぶか僕にも分からないです。年齢も年齢なんで、このチームの若い選手たちにできるだけいろんなことを残していきたいと考えることもあります。ただ、現役でプレーしている以上は可能性があるならNPBに戻りたいと思っているので、まずは自分のレベルアップを最優先に考えてプレーを続けていきたいと思います」

–これからフェニックスの試合を見る方にひとことお願いします。

松本投手「僕が投げるのは勝ちのシチュエーションなので、試合終了を一緒に味わいましょう!」

福岡北九州フェニックス試合情報

福岡北九州フェニックス 北九州市民球場での試合日程(2022年6月20日現在)

福岡北九州フェニックスの北九州市民球場での試合日程は以下の通りです。チケットは好評発売中

  • 6月24日(金)18時~ vs.福岡ソフトバンクホークス三軍
  • 6月25日(土)13時~ vs.福岡ソフトバンクホークス三軍
  • 6月26日(日)13時~ vs.福岡ソフトバンクホークス三軍
  • 8月5日(金)18時~ vs.火の国サラマンダーズ
  • 8月6日(土)18時~ vs.火の国サラマンダーズ
  • 8月7日(日)18時~ vs.火の国サラマンダーズ

福岡北九州フェニックス 最近の試合結果

1 2 3