武蔵2発7打点 鈴木理央初の猛打賞 先発全員の25安打22得点で大勝(2022年8月23日) #福岡北九州フェニックス | キタキュースタイル【北九州市の街と人の魅力を発信するローカルWebメディア】

武蔵2発7打点 鈴木理央初の猛打賞 先発全員の25安打22得点で大勝(2022年8月23日) #福岡北九州フェニックス

【福岡北九州フェニックス22-3大分B-リングス(2022年8月23日) 筑豊緑地野球場】

今日はフェニックス打線が大爆発。武蔵の5安打、中村の4安打を筆頭に先発全員の25安打をB-リングス投手陣に浴びせ大勝した。

5打数5安打7打点の武蔵(2022年8月4日撮影)

フェニックスは0-2で迎えた3回裏、ラモン(#38)の3ランホームランで逆転に成功。続く4回裏には打者12人を送り、武蔵(#9)の2本の本塁打を含む9安打を集める猛攻で8点を挙げます。5回に3点、6回には7点を加え大量リードを奪ったフェニックスは8回にも1点を加え、先発全員の25安打22得点で大勝。武蔵が2本塁打を含む5安打7打点と打でも本領を発揮しました。中村 道大郎(#1)は5月14日の大分戦以来の猛打賞。鈴木 理央(#12)も今季初の猛打賞と活躍を見せました。

初の猛打賞・鈴木(2022年8月2日撮影)

6打数4安打の中村(2022年6月26日撮影)

先発・荒巻 千尋(#34)は5回を被安打4、3失点の投球で9勝目。ハーラートップのサラマンダーズ・芦谷に1勝差と迫りました。

9勝目を挙げた荒巻(2022年8月2日撮影)

この日の勝利でフェニックスは通算成績が29勝27敗に。首位・火の国サラマンダーズとのゲーム差は5.0となりました。

                   
大分 0 0 2 0 1 0 0 1 0 3
北九州 0 0 3 8 3 7 0 1 X 22

【バッテリー】荒巻、力丸、豊山、北方ー武蔵/阿部ー関口

【本塁打】ラモン8号、武蔵2号、3号


次回ホームゲームは8月24日(水)、筑豊緑地野球場で行われる大分B-リングス戦です。14時プレイボール。

福岡北九州フェニックス 公式サイト

福岡北九州フェニックス 最近の試合結果