インタビュー企画「KITAQ Style 1000 Project ~北九州市の“人”をもっと知る~」

左腕同士の投げ合いは火の国に軍配 九大出身の好投手・芦谷を攻略できず1-3と惜敗(2022年8月18日) #福岡北九州フェニックス

【福岡北九州フェニックス1-3火の国サラマンダーズ(2022年8月18日) リブワーク藤崎台球場】

フェニックス大江、サラマンダーズ芦谷と左腕同士の投げ合いとなった一戦は、5連勝中の芦谷の好投に好調・フェニックス打線が封じられ1-3と敗れた。

6勝目ならず 先発の大江(2022年7月9日撮影)

フェニックスの先発は今季5勝を挙げている大江 海透(#17)。先頭打者に安打を許しますが後続を断ちピンチを切り抜けます。4回まで1本の安打しか許さずサラマンダーズに得点を与えませんでしたが、5回に守備の乱れから先取点を献上。6回にはタイムリーヒットなどで2点を失います。今日の大江は6イニングを投げ被安打5、失点3(自責点2)とまずまずの内容でしたが、味方の援護なく4敗目を喫してしまいました。

なお、4番手で野手登録の尾野 翔一(#2)が登板。8月14日(日)の大分B-リングス戦に続く2度目の登板となった尾野は、前回の登板同様に140キロ台後半の速球を披露。サラマンダーズの主砲・モタから空振り三振を奪いました。なお、最後の球は球場の表示で149キロをマークしました。

好調・フェニックス打線は4回以降毎回走者を出しましたが、あと1本が出ずに8回の1点止まり。3連戦を2勝1敗で終えました。

今日唯一の打点を挙げた神谷(2022年8月6日撮影)

1安打2四球で3出塁の吉岡(2022年8月6日撮影)

この日の勝利でフェニックスは通算成績が28勝27敗に。首位・火の国サラマンダーズとのゲーム差は5.0となりました。

          
北九州0000000101
火の国00001200X3

【バッテリー】大江、櫻井ー秋庭/櫻井、金本、尾野ー武蔵

【本塁打】なし


次回ホームゲームは8月23日(火)、筑豊緑地野球場で行われる大分B-リングス戦です。14時プレイボール。

福岡北九州フェニックス 公式サイト

福岡北九州フェニックス 最近の試合結果