今季下関での最終戦を勝利で飾る タバーレス5勝目(2023年8月27日) #北九州下関フェニックス | キタキュースタイル【北九州市の街と人の魅力を発信するローカルWebメディア】

今季下関での最終戦を勝利で飾る タバーレス5勝目(2023年8月27日) #北九州下関フェニックス

【北九州下関フェニックス5-3大分B-リングス(2023年8月27日) オーヴィジョンスタジアム下関】

この試合のポイント

  • タバーレスが6回6安打2失点で5勝目
  • 藤木が盗塁を2つ刺すなど守備で活躍
  • 松本が粘りの投球で最終回を締め下関での有終の美を飾る

昨日のサヨナラ勝ちでムード上昇中のフェニックス。先発マウンドをタバーレス(#99)に託し連勝を狙います。

先発・タバーレスは6回6安打2失点で5勝目

1点を追うフェニックスは、1回裏に平間 隼人(#0)、宇土 憲伸郎(#6)の連打で同点に追いつくと、中村 道大郎(#1)の2点タイムリーで逆転に成功。今日も試合を優位に進めます。

3打数2安打の宇土
逆転タイムリーの中村は塁上でフェニックスポーズ

2回には、中田 航大(#8)の三塁打で一死三塁のチャンスを作り、平間の犠飛で1点を追加。4-1とリードを広げます。

盗塁を2つ刺すなど守備で活躍の藤木

先発・タバーレスは6回を投げ6安打2失点で降板。2番手の大江 海透(#17)は2回を投げ3安打を許しますが、自己最速の153キロをマークする好投を見せました。

大江は自己最速の153キロをマーク

8回裏に吉岡 翼(#28)の犠飛で1点を追加したフェニックスは最終回のマウンドに松本 直晃(#66)を送ります。松本は1点を失うものの粘りの投球でB-リングス打線に反撃を許さず、5-3でフェニックスが逃げ切りました。

元祖フェニックスの守護神・松本が試合を締めた
今季最長の2イニングでマスクを被った霜門
大分B-リングス100001015
北九州下関フェニックス3100001X6

【バッテリー】タバーレスー藤木/大江ー田中、霜門/松本ー霜門

次回ホームゲーム:8月31日(木) 対大分B-リングス(ダイハツ九州スタジアム) 14時プレイボール