インタビュー企画「KITAQ Style 1000 Project ~北九州市の“人”をもっと知る~」

4月22日に小倉城庭園がリニューアルオープン 記念個展の開催も

2022年4月22日(金)、小倉城庭園がリニューアルします。

リニューアルオープンを記念して、4月23日(土)から5月11日(水)まで北九州市に拠点をおく作家・詩太(うーた)さんの個展を開催します。(5月2日は展示入れ替えのためお休み)
いけばな花空間演出家の伊藤文香さんとのコラボレーションにより、より癒しを感じることができる空間となっています。期間内は毎日先着100名に詩太氏特製のオリジナル栞(しおり)を配布。

4月24日(日)と5月3日(火・祝)は小倉城庭園前で詩太さんのライブペイントが行われます。

また、小倉城庭園では夜のライトアップショーを開催しています。和の雰囲気を活かした音楽とレーザーによるショーは、日本新三大夜景に選ばれた北九州市の新たな夜のエンターテイメントとして話題に。営業時間を20時まで延長して運営しています。

詩太:プロフィール、実績

キムラシンゴ/Shingo Kimura 作家名:詩太(うーた)詩人・画家
「穏やかな時間」をテーマに、詩や絵や物語の創作を行う。
著書に『うたういきものずかん』『うたうものことずかん』『傘』『タウ爺の旅日記』などがある。北九州市出身1987年生まれ。

北九州市内の保育園で保育士として勤務しつつ、詩太(うーた)として活動開始・創作を始める。2014年に保育園を退職。詩人・アーティストとして起業、小倉に「あとりえ温」をオープン。2016年には古民家をリノベーションしてアトリエを移転。
以後、30回以上の個展を開催する中で、詩や筆文字だけに限らず、イラスト、アクリル画、デジタル画、物語、ライブペイント、詩画集出版など表現の幅を広げながら創作を続けている。2021年には安心院ワイン50周年記念ラベル制作を手がける。

《個展開催略歴》
2017 【詩ルエット〜春花秋月】小倉城庭園
2018 【小さな一つと大きな一会】小倉駅JAM広場 【栞】鞍手町歴史民俗博物館
【詩ルエット〜一年で三番目くらいに優しい夜】小倉城庭園
2019 【you are you】フレスポ鳥栖(佐賀) 【傘】京都・東京・北九州(小倉城)
2020 【たゆたう旅人の日記】小倉城・中津市歴史博物館
【詩ルエット〜生きるのとなり】小倉城庭園

伊藤文香:プロフィール、実績

いけばな花綴り会 いけばな花空間演出
北九州市生まれ、小学3年生から華道を学ぶ。
師範免許取得後、所属の流派を退会しフリーランスで活動を始める。
いけばなのグループ名を「いけばな花綴り会」とし、三郎丸教室、
九州石鎚大権現社教室、コワーキングスペース秘密基地で開催中。

企業PV等、ショートムービー(YouTube)出演
・株式会社ADAL 「Look Into Nature」自然への注視
・東アジア文化都市2020北九州 「献花・小倉城から足立山妙見宮へ」

空間演出、いけばなライブ実績
・足立山妙見宮社務所玄関、迎花 ・九州石鎚大権現社にて飾花
・小倉城周辺建造物に懇親会・パーティーなど迎花
・篠崎八幡神社手水舎に花手水を手がける
・2021世界体操新体操選手権北九州大会に選手食事会場飾花
・第2回小倉城竹あかり 銀河「茶室」にて
・第63回小倉城まつり 天守閣広場特設ステージ
・第3回小倉城竹あかり 歴史の杜特設ステージと天守閣広場「茶室」

作品展
・2019年 第1回 ”花空間といけばな作品展「花綴り」を小倉城天守閣ギャラリーにて
・2021年 第2回 ”花空間といけばな作品展「花綴り」を小倉城天守閣ギャラリーにて
・2021年 10月 小倉城まつりでいけばなライブとして出演