クオリティの高さに完全脱帽・こくらハロウィン2019

もう反省、反省です。

筆者は「こくらハロウィン」を初めて見たのですが、ここまでガチだとは思いませんでした。
仮装のクオリティが高い人が多すぎ。脱帽です。

何ですかこのジャック・スパロウは。

ナリシゲ(@nari_104)と申します。

2019年10月20日(日)、小倉駅JAM広場ほか、小倉都心部でこくらハロウィン2019が行われました。

当日は小倉城で「小倉城まつり(こくらしろまつり)」が開催されていたこともあり、小倉の街はいつも以上にカオス状態でした。

「こくらハロウィン2019」は特命PR大使・バナナ姫ルナの掛け声でスタート

まずはキッズの部。

そして一般・企業の部。

その後街中をパレード。絵面が強いです。

パレードの後はリバーウォークにて表彰式。

キッズの部 結果

準グランプリ

グランプリ

一般・企業の部 結果

準グランプリ

グランプリ

さいごに

「こくらハロウィン」、見ていて非常に楽しいイベントでした。

「ハロウィンとは何なのか」、「コスプレなのか仮装なのか」などといった疑問は無意味かと。
参加している人が楽しければそれで良いんではないでしょうか。

このように街を大きく使うイベントは、街全体が浮かれるのがいいですね。非日常感がある。

シビックプライドって、こういうイベントからも生まれるのかなと思いました。

年々規模も大きくなっているようですし、来年以降も楽しみにしています。

 

来年は私も出てみようかな……

【2021年版】北九州市の夏祭り・花火大会スケジュール 【北九州市の未来は?】北九州クリエイティブ座談会レポート 幻想的&まちの課題と向き合ったイベント「第二回 小倉城 竹あかり」 【第2回】食通!北九グルメアカデミー(おいしいを描く食のアトリエ BlueOcean)