情報提供やご要望はこちらから!!

[ボルクバレット北九州]フットサルを初観戦「人情というのはそういうものだ」

北九州の食と街PR本「おいしい北九州」の著者・東恭子さん(@azoofc)による不定期連載が始まります。第1回は北九州市に本拠を置くフットサルのプロチーム「ボルクバレット北九州」の試合を初観戦した模様をレポートしていただきました。(2018.8.19 ポルセイド浜田戦)




私が「ボルク北九州」の存在を気にするようになったのは去年のこと。きっかけは毎日新聞の記事だった。

「日本フットサルリーグ(Fリーグ)入りを目指し、安定したチームの強化とクラブ経営のため、選手たちも仕事と練習や試合を両立しながら、スポンサー獲得などにも奔走している。」

知名度もあまりない中、目標のために日々汗を流しているフットボールのチームが北九州にある。仕事をしながら厳しい練習や試合をこなしている。それだけで興味を持つには十分だった。

その後も本城陸上競技場に、Jリーグチームのギラヴァンツ北九州の練習をボルク北九州ジュニアのメンバーが見学に来ている時に遭遇したりで(しかも引率のコーチ陣の指導がきちんとしており、みんな非常に行儀よく見学してて本当に関心した)ずっとその名を追ってはいたのである。

そして遂に今シーズン、プロフットサルリーグFリーグのディヴィジョン2に参戦。
Jリーグのギラヴァンツ北九州に続き、「北九州」の名を冠する2つ目のプロスポーツチームの誕生である。

F2リーグ参戦にあたり、チーム名も「ボルクバレット北九州」へ。追加された「バレット」=英語で「弾丸」。ボルク=ロシア語の「狼」と共になんだかカッコイイ。
カッコイイのはチーム名だけではない。エンブレムやユニフォーム、フライヤー等いちいちカッコイイ。公式ホームページを開いただけでもそのカッコよさが伝わってくる。

ボルクバレット北九州公式ホームページ

F2リーグ参戦を機に、同じ北九州市のプロスポーツチーム・ギラヴァンツ北九州とコラボする機会が多くなる。私がボルクバレット北九州の選手と初めて接することになったのも、ミクニワールドスタジアム北九州で行われたギラヴァンツ北九州の試合の日だった。

その後も若松みなと祭のイベントや、ギラヴァンツ北九州サポーター有志で開催されたフットサル大会「北KS蹴【キタシュー!】」、私が担当しているFM KITAQの番組「FORZA KITAQ」などでボルクバレット北九州の選手の方々とお会いする機会が増え、そうなると「試合を見に行き、応援したい。」という気持ちが強くなるのである。人情というのはそういうものだ。

残念ながらホーム開幕戦となるボアルース長野戦には行けなかったのだが、ホーム2戦目となる8月19日のポルセイド浜田戦を初観戦。
この日、午前中は本城陸上競技場でギラヴァンツ北九州と九州共立大学のトレーニングマッチ(練習試合)を観戦し、その後ボルクバレット北九州の試合会場の嘉穂総合体育館へ。
車で約一時間くらいで到着(運転ありがとうございました)。
初めて来た場所なんだが、なんだろうこの既視感。
これはあれだ。(J3の)アウェースタジアムの数々と同じ風景だ。
愛鷹とか藤枝とか。
それ以前に同じ福岡県内の宗像グローバルアリーナ(ラグビートップリーグの宗像サニックスブルースのホームグラウンド)と同じ風景だ。

コンビニに寄る時間もなく現地に着いてしまい、試合終了まで昼食抜きかと不安が過ったが、体育館入り口ではキッチンカーで福岡県名物華味鳥の炭火焼きを販売していたので購入。キックオフに少しだけ遅れたが、サッカースタジアムでいうバックスタンド側に空席を確保し、美味しくいただきながら観戦開始。炭火焼美味い!(写真ありませんすいません)

そして前置きが長い割には試合内容をすっとばして初観戦の感想。

・スピード感、テンポがサッカーとは違う。
20分ハーフの前後半と、試合時間がサッカーより短く、ピッチサイズやゴールサイズもサッカーより小さい分、攻守の入れ替わりの早さやシュートの速度などが増す印象。
ぼんやりする暇もなく試合が進んでいく。
ルールよく分からなくても楽しめたが、ルールを理解してると更に楽しめるようになる気がする。

・サッカーとは似て非なる競技
同じフットボールだし、もちろん似ている部分もたくさんあると思うのだが、感覚的にはバスケに近いかもしれない。一緒に観戦したハンドボール経験者からは、ハンドボールにも似ているとの意見。

・気楽に観戦出来る
屋内競技なので、天候に左右されず観戦できる。この日も外は晴天の30度超と残暑厳しい1日だったが、体育館の中は空調も効いており快適。午前中にいた本城陸上競技場のスタンドと比べたらヘヴン。

・試合後は選手の皆様がグリーティング
アリーナ出口にはボルクバレット北九州の選手がずらりと並び、来場者にお礼とお見送り。一人ひとり丁寧に握手をしながら「有難うございました!」等と言われたらそりゃまた応援しようという気持ちになるわ。人情とはそういうものだ。(2回目)

結果は3-1でボルクバレット北九州の勝利!
と、いうワケで、初のプロフットサルリーグ観戦は面白かった。(強引なまとめ)
行ってもいないアウェーのスタジアムにいたと言われるくらいには、毎週末どこかのサッカースタジアムにいると思われている私だが、元々はホークスファンで、毎週福岡ドームに通っていたのが私のスポーツ現地観戦の始まり。基本、サッカーに限らずスポーツのライヴ観戦は好きなのだ。
我が街北九州にプロスポーツチームが増えたのを機に、フットサル観戦も週末ルーティンのひとつに加えようかと思う。

ボルクバレット北九州・次のホームゲーム
Fリーグ2018/2019 ディビジョン2
第6節 9/9(日)14:00 対Y.S.C.C.横浜 北九州市立総合体育館

(Y.S.C.C横浜というチーム名を見て反応した方の多くはギラサポもしくはJサポ界隈と推測)

ボルクバレット北九州公式ホームページ