到津の森公園(いとうづのもりこうえん)の見どころと動物たちを写真入りでご紹介

北九州市出身のナリシゲ@キタキュースタイル(@nari_104)です。

約100種500の動物たちが暮らしている、到津の森公園(いとうづのもりこうえん)に行ってきました。

この記事では、到津の森公園(いとうづのもりこうえん)の動物たち、そして見どころをご紹介します。(訪問日:2017年9月28日)

到津の森公園 詳細情報

かつては「到津遊園」として西日本鉄道が運営していましたが、経営悪化により2000年に閉園。2002年4月に北九州市営の「到津の森公園」としてオープンしました。

住所

福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8

アクセス

【小倉駅から】
小倉駅入口バス停(小倉駅より徒歩6分)から行先番号【1】【7】【76】に乗り到津の森公園バス停下車すぐ(乗車時間約15分)

▼小倉駅入口バス停

【八幡駅から】

八幡駅バス停から行先番号【43】に乗り到津の森公園バス停下車すぐ(乗車時間約25分)

入園料金

大人:800円、中・高校生:400円、4才〜小学生:100円

駐車料金

普通車:600円/1日、中・大型車:1,000円/1日(中・大型車は要予約)

営業時間

9:00〜17:00
※夏休み・大型連休・年始は営業時間が異なります
※毎週火曜日休園(3〜5月、8月は無休で営業)

電話番号

093-651-1895

到津の森公園 入口

「到津の森公園」バス停すぐの入り口(南ゲート)です。

南ゲートを通り、2分ほど歩くとチケット売場に着きます。

チケットを購入し、この入口から園内に入ります。

入口そばのイベントの告知スペース

動物たちと合うために階段を上ります。

エレベーターも完備。コインロッカーもこの奥にあります。
 

到津の森公園の動物たち

到津の森公園には約100種500の動物たちが暮らしています。その一部を写真でご紹介。

アミメキリン

セイロンゾウ

チャップマンシマウマ

ライオン

ヤギ

ロバ

マンドリル

ニホンザル

ワオキツネザル

クロキツネザル

フクロテナガザル

エリマキキツネザル

ジェフロイクモザル

ミーアキャット

アライグマ

プレーリードッグ

ホーランドロップ

ホンドフクロウ

ホオジロカンムリヅル

ワライカワセミ

ゴシキセイガイインコ

アカコンゴウインコ

オトメズクロインコ

オウギバト

キバタン

ベニイロフラミンゴ

クロサギ

アカツクシガモ

ケヅメリクガメ

里のいきもの館

小型のほ乳類やは虫類、両生類、昆虫などを展示しています。

乗り物・遊具

観覧車

訪問日(2017年9月)時点では、運休中でした。

メリーゴーラウンド

子ども汽車

その他遊具

 

森の音楽堂

森の音楽堂は団体専用のスポットです。

(私が子どもの頃遠足で来たときに使った記憶があります)

まとめ

ナリシゲ
おすすめ度:★★★
ここでしか見られない動物がいるというわけでもないごく普通の動物園ですので、絶対に行くべし!とはいいませんが、自然が豊かですので天気のいい日は特に気持ちいいです。小倉駅から路線バスで20分程度で着きますので、。

北九州市観光情報

[若戸渡船]戸畑と若松を3分間で結ぶ北九州市民の貴重な足 【北九州 観光】「新日本三大夜景」皿倉山のアクセスと見どころ 明治の文豪・森鴎外がかつて住んでいた「森鴎外旧居」に行ってきました [関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ)]関門海峡の過去・現在を五感で感じられるミュージアム