[門司港レトロ展望室]門司港レトロで一番綺麗な夜景を見られるスポット | キタキュースタイル【北九州市の魅力を正しく伝えるWebメディア】

[門司港レトロ展望室]門司港レトロで一番綺麗な夜景を見られるスポット

北九州市出身のナリシゲ@キタキュースタイル(@nari_104)です。

北九州市で綺麗な夜景を楽しめるスポットといえば、八幡東区の皿倉山、若松区の高塔山、そして今回の記事で紹介する「門司港レトロ展望室」が有名です。

室内から夜景を堪能できるこの「門司港レトロ展望室」は門司港レトロ地区で一番の夜景スポットです。(訪問日:2017年9月14日)

門司港レトロ展望室 詳細情報

住所

北九州市門司区東港町1-32

営業時間

10:00~22:00(入館は21:30まで)

※設備点検のため年4回程度休館します。

電話番号

093-321-4151

料金

大人300円、小中学生150円

30名以上の団体は20%割引となります。

門司港レトロ展望室 夜景

それでは早速門司港レトロ展望室からの夜景を見てみましょう。

門司港レトロ展望室からの夜景①(門司港ホテル、JR門司港駅方面)

手前の建物が門司港ホテル、その向こうにある緑色の明かりが見えるところがJR門司港駅です。

完全に暗くなる前の状態で撮影した写真ですが、とても綺麗な夜景です。

【参考】お昼の写真

門司港レトロ展望室からの夜景②(海峡プラザ方面)

こちらは陸側。お土産屋さんや飲食店が並ぶ海峡プラザが見えます。

【参考】お昼の写真

門司港レトロ展望室からの夜景③(関門海峡ミュージアム方面)

こちらは海側。奥の円筒状の建物は関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ)です。

【参考】お昼の写真

門司港レトロ展望室からの夜景④(関門橋方面)

暗くなる少し前の写真ですが、照明がつき始めるとこのようになります。

【参考】お昼の写真

門司港レトロ展望室 外観と館内

日本を代表する建築家・黒川紀章氏が設計した高層マンション「レトロハイマート」の31階が「門司港レトロ展望室」です。高さは103m。

続いて館内をご紹介。こちらが門司港レトロ展望室の入口です。

入口を入ったところの案内です。ここから右に進み、エレベーターに乗って31階へ向かいます。

31階のカフェ。早く着きすぎてしまい夜景待ちになった場合などを考えると、カフェがあるのはありがたいです。

巌流島方面。ガラスに「巌流島」と書かれています。夜景を見るのは主にこの方向です。

こちらは壇之浦方面。

まとめ

ナリシゲ
おすすめ度:★★★★
皿倉山や高塔山と違って、室内から夜景を見ることができるのがいいですね!!この夜景を楽しめるよう、門司港に行くのは昼より夜をおすすめします。

関連記事

[九州鉄道記念館]鉄道の魅力に触れながら歴史を学べる記念館 [門司港レトロ観光列車 トロッコ「潮風号」]料金・予約方法・時刻表

北九州市のおすすめ観光スポット

[関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ)]関門海峡の過去・現在を五感で感じられるミュージアム ミクスタ(ミクニワールドスタジアム北九州)までの道案内 関門海峡を臨むスポット・和布刈公園(めかり公園)を歩き回りました 明治の文豪・森鴎外がかつて住んでいた「森鴎外旧居」に行ってきました

北九州市のおすすめグルメ

[門司港茶寮 本館]おしゃれなお店で名物の焼きカレーを堪能 [門司港 Cheese]4種類のチーズを使ったこだわり焼きカレーを堪能してきました [門司港 おすすめ焼きカレー]地元出身者が実際に食べた焼きカレーだけを紹介 [ベアーフルーツ]門司港で1番人気のスーパー焼きカレーを食べてきた